FC2ブログ
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    検索フォーム

    カウンター

    愛犬のその後 2

    2020.06.28 06:53|体験集
    病気 3 (2)
    食欲が落ちて弱ってきたチョコに何とか食べさせようとしている所。
    この世を去る10日ほど前のことである。その少し前にはもう臨終かと
    思わせる状態になったが家族の手当ヒーリングなど懸命の努力で生き返った。
    もう見納めと思ったので早朝ではあったが次男を呼んだ。チョコは大好きな
    次男が家に入る前にその事に気づき、瀕死の状態で起き上がろうとした。
    やはり愛は生命エネルギーと言ってもいいだろう。


    前回からの続き
    こういう事を繰り返し体験すると愛するペットは唯肉体が無くなっただけであり、その本体である霊はそのまま存続していることを実感することになり、別離の悲しみというものを殆ど感じなくなりそうである。別離の悲しみの大半はその人(ペット)の行く末を悲しんでいるのではなく、会えなくなった自分自身を嘆き悲しんでいるという言葉があるが正にその通りであろう。人も犬も大体は死ぬ前は体調に異変が起きて苦しむことも多く家族はその世話に追われることになる。死は本人も世話をする家族も苦しみから解放されるのであるから神の摂理に従ってそれを受け入れ、その新たな門出を静かに見守ってあげることが望ましいと思う。それは多くの人にとってその時点では容易な事でないとは思うが。

     

    昨今はペットロスに悩む人が多いと聞くがペットは死後もそれまでと変わらず飼い主のすぐそばにいて愛の念を送ってくれていることを知ることが出来たらと思う。人間は死後しばらくの間自分の家にいるケースが多いようだが犬も同様で至る所で愛犬の気配を感じることが出来る。チョコの場合、今の所は朝の瞑想の時によく現れる。それまでと変わることなく私に寄って来るので抱き上げて撫でてやると喜ぶ。それは五感で感得出来る世界ではないので一般の人にとっては理解し難く、私が幻覚を見ていると思われるかもしれない事を承知の上で書いている。


    IMG_0027.jpg  

    以下は信じがたいことかもしれないがチョコから伝わってきたメッセージである。

    6/25の朝

    「これまで僕を大切にしてくれてありがとう。とても感謝しています」。

     

    6/26の朝 

    「家族の皆からしてもらった事を僕は決して忘れない」。

     

    二日間のチョコから伝わってきたものを書いてみた。犬が人間のように思念を伝えてくるとは思いもよらなかった事であり、その時は私もにわかに信じられなかった。しかしかなり高度な思考力を持った犬や馬の話が「ペットが死ぬとき」という「シルビア・バーバネル」著の本に出てくる。そしてもともと動物のほうがテレパシーの能力は人間より優れていて人間は文明の進化と共にその能力が衰退してしまったのである。人間と一緒に暮らしているペットは人間が思う以上に精神が進歩していて思考力を持っているようである。犬だから分かるまいと思っていても犬はちゃんと飼い主の心を読んでいるのである。

     

    補足

    シルビア・バーバネルはシルバーバーチの地上の霊媒として知られたモーリス・バーバネルの妻であり、二人は同じ類魂に所属していて霊的真理普及の仕事の為に地上に生まれて来たということである。「ペットが死ぬとき」は彼女の著作であり、犬や猫、馬などの死後の事や彼らの知られざる能力について多くの事例が載せられているので動物好きの人にはご一読をお勧めしたい。


    コメント

    ペットの愛の念

    大空さま、いつも霊的な洞察力にみちたお言葉、ありがとうございます。1ファンでございます。私はペット(うさぎ)をかってましたがもう亡くなって1年半も経つのに未だ声をかけてはうさぎのぬいぐるみを抱っこしたり寝る時には腕まくらかすぐ横の枕の上において寝てます。大空さまのペットがすぐそばにいて愛の念を送ってくれていると知って涙が自然に流れてしまいました。魂までも感動したのではと思いました。追伸、ババアが死んだら真っ先にキング(うさぎのなまえ)に迎えに来させると言ったら家族にバカ笑いされました。

    愛の念

    kobiregondo さん

    お引き立てありがとうございます。
    私の子供たちも兎を飼っていた頃がありました。ウサギは犬や猫のように鳴き声を立てず静かだったことを覚えています。時々鼻を鳴らすのでしょうか?

    動物は純粋で可愛いですね。人間は動物に比べて知性が進んではいますが余計なものが一杯纏わりついていて厄介な生き物でもありますね。動物を飼うことによって心が浄化されると思います。

    先に逝った動物は霊界で自分を可愛がってくれた飼い主が来るまで待ってくれるようです。こちらから愛の念を送ることによって彼らは生前のような形態を保つことが出来るようです。再開を楽しみにしておられたらと思います。
    非公開コメント