07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    職業と人間性

    2013.03.25 10:45|インスピレーション
     

    この世の職業は必ずしもその道の適格者がその仕事に就いているわけではありません。そこから様々な問題が起きてきます。宗教家、政治家、医者、役人その他色々な職業がありますがその地位と人間性はまた別の問題です。真実の仮面を被っている者も多いのです。それを見抜く目を持ちましょう。人は自分の人間性の限界を超えた仕事は出来ないのです。

    コメント

    No title

    追伸
    この世は本当に理不尽だらけの世界です。正義が通らないこともしばしばです。
    そういうことを念頭に入れてある程度諦念というものを持つこともこの世を生き抜く
    上で必要ではないでしょうか。
    大空

    Re: No title

    > ゆきこさん
    > レベルによるでしょうね。幽界の最下層はこの世よりひどいらしいです。でも普通に人生を過ごし大して良い事もしなかったけど悪い事もしなかったというような人はそんなところには行かないでしょう。死後、肉体が無くなれば自然に煩悩が取れてきて競争や奪い合いのない世界になるのでしょう。そして向上するほど公平で愛に満ちた世界が広がっていくのだろうと思っています。
    >
    > 人生もかなり後半の人はすでに自分の行く先はほぼ決まっているのではないかと思います。きっと夢で何度もそこを訪れているでしょう。死後の世界もこれまでに積み上げたものの延長にあるわけですから自然の摂理によって然るべきところに落ち着くでしょう。ですから葬式の時に例え何十人の僧侶が拝んでも高価な院号付の戒名をつけて、上の世界に行ってくださいとお願いしても意味はないということになってしまいます。自然の摂理に影響を与えることは誰にも出来ないことです。
    > ごめんなさい。ブログの不具合でご質問の文が消えてしまいました。
    > 大空
    非公開コメント