09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    愛の通信

    2013.03.30 09:17|インスピレーション
     

    私は今、そちらで生活していた時よりも幸せを感じて生活しています。

    こちらに来た人は暫くすると不思議な事に残された家族が感じるような悲しみを感じなくなるのです。その理由は視野が格段に広がり物事の捉え方が変わってしまうからです。環境が変われば考え方も変わってくるのです。

     

    それまで小さな窓から外の景色を眺めていたのが屋根の上に上がって周囲を見渡せるようになったと言えばいいでしょうか。受け止め方が全く違ったものになるのです。説明するのは難しいですがそうなんです。




    追伸
    これは一昨年の秋、19歳で他界された若き女性からの通信です。私はこの人のお母様から通信の依頼を受けました。今までに3回にわたって通信を受けましたがこれはその中の一部です。見ず知らずの人と果たして通信が出来るかなと思いましたがそういう心配は無用でした。というのもお母様が私に通信を依頼してくるという時点ですでに霊界において準備が整っていたのでしょう。「ここまで用意したから次はお前の仕事だよ。しっかり頼むよ」。というわけで私は自分の役割を果たせばいいだけなのです。人間が行動に移る前にはあちらでちゃんと準備が整っているというわけです。

    それなしには今まで見識のない人と通信をするのは難しいと思います。ミディアムの場合も背後の霊団が手配をしてくれているはずです。

    この女性は若くしてこの世を去られたこともあるのでしょう。清浄でさわやか、こちらも清々しい気持ちになれました。あまり長い間この世にいるとこの世の汚れを受けて心が濁ってしまうかもしれません。私もそういう意味で必要以上に長生きをしたくありません。

    最後に彼女の感動的な愛のメッセージを。
    「お母さん、本当は何も心配する事はないよ。私の愛でいつもお母さんを包んであげているからね」

    コメント

    いつも、ありがとうございます。

    〉私は今、そちらで生活していた時よりも、幸せを感じて生活しています。

    こちらの娘さんのように、息子も、この世より、幸せを感じて、過ごしていてくれれば、と思います。

    息子も二十歳で逝ってしまいましたので、この世の垢をつける間もありませんでした。

    息子には謝りたいことが、いろいろあるのですが、伝わっているのでしょうか?

    No title

    ゆきこさん
    もちろん伝わっていますよ。何も言わなくても心に思っていることは全部伝わっています。霊界に行けばこちらの親族の心は手に取るようにわかるので、ゆきこさんが謝りたいと思っているだけで十分通じています。それを案じる必要はないと思いますが心の中で呼びかけてあげたらいいと思います。そうすればご自分の気持ちも済むでしょう。寝る前などはいいと思いますよ。


    それから”ねこうさぎさん”という方がゆきこさん当てにコメントを投稿されています。この方もゆきこさんと似た境遇におられます。3月7日の「自分にできることをする」という記事に対するコメントです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    非公開コメント