05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    大空澄人

    Author:大空澄人
    これまで自分の探求してきたものを 「いのちの波動」 というページ上で表現してきましたがPCのトラブルによりこのページに引き継がれました。一時的にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    リンク

    最新コメント

    メール宛先

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    カウンター

    神の摂理に身を任せて

    2013.04.15 09:59|インスピレーション


    今、あなたが体験していること、途方もなく苦しく終わりのないように思えるかもしれません。
    しかしそれは魂の旅に於いてはほんの一時的なものであり、いつまでも続くものではありません。

    全ては神の摂理の中で営まれていることを思い出しましょう。目には見えないけれどもあなたは神の威力によって保護されているのです。誰もあなたを傷つけることはできません。志さえ正しければ必ず生きていて良かったと心から思える時がきます。自分を捨てて神の摂理に身を委ねるのです。そうすれば必ず道は開けます。





    補足
    私たちは難しい問題に直面すると一体どうすればいいのだろう? と考えつい余計な事までしてしまいます。ばたばたするほどその問題がとてつもなく大事のように思えるものです。しかし物事はすべて神の摂理の範囲内で動いていきます。そこで静かに瞑想してみれば自分のとるべき道が何となくわかるものです。

    下手な考え休むに似たりという言葉のように「ここはすべて神にお任せ」という心境になれば安心感も芽生えてくるし霊界からの力が自分を通じて働くものです。もうどうしようもないなと思ったら自分の我から離れて霊界からの働きかけを信じて待っていればいいのです。そういう心境にならないと我が邪魔して霊界からの力が流入しにくいのです。

    コメント

    まったく想像もしなかった理不尽な目に遭うことも、どうがんばっても、自分の力では、どうしようもないことに出逢うのも、神の摂理の内なのでしょうか?

    No title

    ゆきこさん
    そう思います。私たちが遭遇することは予想だにしなかったことばかりです。しかし大体の事は自分の内にひそむ神性を発揮すれば乗り越えられるはずです。それでも及ばない時は援助を求めて祈ることです。シルバーバーチの言葉を引用しました。

    もう駄目だ、神様助けて!というところまで追いつめられた時、事態は変わるものです。
    それが神の摂理ということでしょうね。霊界からの力というのも摂理の働きとして現われるのでしょう。

    人生で遭遇することは神性を見出すための試練だと思います。一つの事を乗り越えるたびに人の魂は強化されていくでしょう。人がこの世に生まれてくる大きな目的の一つは自分の魂を強化することではないでしょうか。お互い自分の魂の強化と導きを求めて祈りましょう!
    大空

    お返事ありがとうございます。

    肉体の強さでもなく、精神の強さでもなく、魂の強さこそが、不変の宝というものなのでしょうか?

    No title

    ゆきこさん
    その通りだと思います。肉体は一時の借り物です。精神は霊が肉体に宿ることによって生じたものですからこの世を去れば次第に消えていくのだろうと考えています。肉体があるゆえに精神が生じ、そこから煩悩が生まれるわけですから肉体が消えれば煩悩も時間と共に自然に消えていくでしょう。霊界通信で感じるあちらの人の清らかさは私たちのように煩悩がないゆえの事だと思います。

    霊は神のエネルギーの一部で時空を超えて普遍的に存在し、魂と言えば個別の意識のように表現されているようですが、あまりその違いにこだわる必要はないでしょう。心、魂、どちらでもその内容の本質を表現していれば問題ないと思います。
    魂の強さが不変の宝でしょう。
    非公開コメント